引き寄せの法則を加速させるパドリング論〜体験談から

今回は、引き寄せの法則を加速させた体験談から、

ふと気付いたパドリング論のお話をしたいと思います。

 

引き寄せが上手く行ってくると、なんか良いことが続く!

そんな日々が続くと思います。

 

たまに、凹むようなことや辛いこともあると思いますが 凹みっぱなしになったり、

辛いことに心を奪われたままになることも なくなっていることと思います。

 

日々、充実した気持ちが強くなったり、笑顔も多くなっていきますよね。

 

スポンサードサーチ

引き寄せの壁

でも、そんな日々が続く中で、壁を感じることが出てくることがあると思います。

やってみたいと思ったり、踏み出したいと思ったことがあるのに、

どうも不安が大きくやれない、踏み出せない。

という事態が起こることがあります。

 

引き寄せ上手く行っているし、毎日充実してるからやらなくても、

踏み出さなくてもいいかな〜 と思ったりします。

不安に思う気持ちも大きいので。

 

充実している毎日を変えてしまうかもしれないと思いますよね。

それはそれで、やらなくても踏み出さなくても良いと思います。

 

ただ、もう少し今の状態より上に行きたい。

次元上昇したい、さらに引き寄せの法則を加速させたいと思った時、

この壁を乗り越えて、やってみたり、踏み出してみたりすることが良いと思います。

 

壁に感じるようなことが出てきたということは、

今よりさらに大きな引き寄せが起きようとしている サインでもあります。

 

引き寄せの壁体験談

私も、この1年間で、何度か壁のようなものを感じてきました。

「こうしたい」でも、不安もある。

今のままがいいのか?踏み出してみるべきか?

 

潜在意識や引き寄せの法則を学ぶ前は、深く悩んでいたと思います。

ですが、その時は、悩むということはありませんでした。

 

少し冷静になって考えたり、現状を確認して決めました。

踏み出そう と。

 

日々、充実して過ごせている。

なぜか良いことばかり起きるな〜。

という状態だったので、これは引き寄せの法則の波が来ているなと感じていたんです。

 

これは、ビッグウェーブきてる!

 

大きすぎて、びっくりしているんだと思うことにしましたw

そして、波が来ているなら乗らないと! と思ったんですねw

 

引き寄せの壁とサーフィン〜パドリング論

このことを先日、今年の初サーフィンに行った時に、

サーフィンに似ているなと気づいたんです。

 

なぜ?どこが似ているのか?

 

それは、波に乗る時なんです。

サーフィンて、波が来るまで波待ちするんです。

ボードの上にまたがって、波を見るんですね。

 

波が来たら立つ。 と思われがちですが、波が来たらパドリングをするんです。

パドリングというのは、ボードにうつ伏せで寝て、両腕で水をかき分けて前に進む作業のことです。

 

なぜ波が来たら、パドリングするのか?最初からそう思っていました。

 

実は、パドリングは、波の勢いに乗るために行うんです。

 

最初、波が来たら、波の勢いでボードに立てば波に乗れると思っていたんです。

ですが、それでは立ててもあまり波に乗れないんです。

割とすぐ、ボードは止まってしまうんです。

 

そう、波に乗るには、パドリングが必要なんです。

 

パドリングをすると、前に進みます。

スピードが出るんですね。

 

パドリングで、波のスピードに追いついて立つとその波に乗って、進むことが出来ます。

 

この波に乗った時の感覚は、すごく気持ちいんです^^

引き寄せ起きた〜って感覚に通じるものがありますよ。

 

気持ちいんですが、その前のパドリングは、全力で水をかき分けないといけないんです。

 

 

もう必死に腕を回します。

ガムシャラに。

疲れます。

でも、パドリングするんです。

波に乗っているという世界を味わいたいので。

 

 

引き寄せの法則で、次元上昇というような新しい領域に入る時もいっしょだと思いました。

引き寄せ起きてるな〜という時に、壁のようなものを感じるのは、

サーフィンでいう波が来ているのと同じです。

 

来た時に踏み出さない(パドリングしない)のも、一つの選択です。

前には進みますし。

 

来た時に、踏み出す(パドリングする)のも、一つの選択です。

踏み出す(パドリングする)なら、全力で行動を起こしていくことで 次元上昇(波に乗る)することが、出来ると思いました。

 

決めたなら、そのために全力になっていくんです。

そうすると、波が大きくなっていくのを感じたり、波が続いていくのを感じます。

 

引き寄せの法則を加速させた体験談

私の例でいうと、お金のためにやっていた仕事の案件を断ろうと思った時に感じました。

 

ただやりたい仕事だけをやっていきたい、だけど、収入は大丈夫か?

という事があったんですね。

 

でも、日々の充実や引き寄せ出来てるな〜ということがあったので、断ることを決めました。

 

そこから、パドリングです。

 

全力で行動していくと、お金のための案件を終える頃には、やりたい仕事だけで、生活が出来るようになりました。

 

断らずに続けていても、充実していた日々は続いていたと思います。

ですが、断ったことで、さらに充実していったんですね^^

 

最後に

日々が充実している中で、壁のようなものを感じた時、やりたいけど不安に思う事がある時。

この記事を思い出して、どうするか考える材料にでもしていただけたら幸いです。

皆さまが、引き寄せの法則で幸せになる事を祈っています^^

 

それではまた。

 

お知らせ

無料イラスト素材ページをオープンしました^^

よければ自由に使ってください。

 

ご意見ご感想など、お気軽にこちらからお寄せください。

https://karo.space/inquiry/