稲川淳二さんから見る引き寄せパターン~好きを仕事に

今では怪談でおなじみの稲川淳二さん。

この方は、好きな事を仕事にしている人です。

 

「話すことが好き」な人で、面白い話をする奴がいる

という噂が広まって、ラジオに出ることになったのが

業界に入ったきっかけだそうです。

 

怪談を話し始めたのは、小さいころに母親が話してくれた

怪談話が、うまかったのが印象的で、ラジオで話そうと思ったそうです。

 

それが人気になって今にいたるんですね。

 

今となっては、怪談話や心霊写真が集まってくるそうです。引き寄せてますね。

 

人気になったので、怪談ライブツアーもされています。

 

実は、私は、このライブに7年ほど前から通っています。

多い年は、2度行ったりもしています。

 

初めは、軽いノリで友人と参加しました。

それが、なぜ7年も通うようになったのか?

 

楽しいんです。

 

怪談だけど、楽しい。

 

あの場にいるのが、楽しいいんです。なぜか引き寄せられる。

 

稲川さんが、楽しんでやられているんです。

その楽しさが、ライブツアーににじみ出ているんですね。

 

まず、開演前のグッズ売り場がすごい。

稲川さんの顔がプリントされたTシャツやタオルなどの

グッズが、めちゃくちゃ売れています。

お客さんは、老若男女です。

ファンの世代が幅広い。

 

怪談ライブが始まると、びっくりです。

アイドルか?というほどの声援が飛びます。

「じゅんちゃーん」

「じゅんじ~」

など、声援がすごいんですね。

今年、70歳らしいんです。

70歳でこの声援!

声援が長すぎて、怪談を始められないってこともありましたw

 

メインの怪談はというと

怖い話だけでなく、泣ける話や笑える話もあるんです。

聞いていると、全般的に話しの続きが気になる話し方

話しの構成なんです。

話し好きなので、自然と努力や工夫が出来てくるんだと思います。

 

怪談が終わると、心霊写真のコーナーがあります。

怖いな―怖いなーと思ってしまいそうですが

これがまた面白いんです。

怪談=怖い

怪談=おもしろ怖い

にしてくれるんですよ^^

 

ライブが終わると、また声援がすごいんです。

子どもからお年寄りまで。

手を振りすぎて、なかなかはけれないw

 

7年通ってて、引き寄せを勉強して気づきました。

好きなことをやり続けているから、25年もツアーは続いているし

老若男女から愛され続けている

本人も、いつも楽しくされているし、楽しさが伝染するんだなと。

 

今年は、25周年だという事で、こんなグッズがありました。

 

きなこもちです。

美味しくいただきました^^

えっと

注目していただきたいのは、このパッケージ。

「忍たま乱太郎」の作者さんのイラストなんです。

数年前に、「忍たま乱太郎」好きなんですよ~ていう話を

されていたんです。

 

それから、作者さんが怪談ライブに遊びに来られた事がきっかけで

このグッズが出来たそうです。

好きから始まって、グッズを作る中になっています。引き寄せですね。

 

そして、デザイナーでもあります。

デザイナーも好きから始められていて、結果も残されています。

バーコードリーダーや車止めをデザインされているんです。

あなたも普段目にしていると思います。

 

好きなことを仕事にすることは、1つだけでなく

2つでも良いんですね。

私も、好きな仕事を複数しています。

もしかしたら稲川さんの影響かもしれませんね^^

 

後、怪談ライブは冬もやっています。

冬は冬で面白いですよ。

怪談だけでなく、日航ジャンボ事件の話を聞けたりしました。

稲川さん、あの飛行機に乗る予定だったそうですが、

乗らなかったので、生きています

そんな話が聞けますし、冬は、稲川さんとの距離が近い^^

 

試しに、参加してみていただけたらなと思います。

あの空気感は、きっとプラスに働きます。

 

行く人いないし、一人では・・・

という方は、お誘いお待ちしています。

日本中どこでもいきますよ♪

 

稲川さんのファンブログになってるかもですが

好きを仕事にする良さが伝わったら幸いです。

 

好きな事を仕事にして、多くの人に愛されながら

楽しんで仕事をしていきませんか^^

 

今回も、よんでいただきありがとうございます(´∀`)

ご意見、ご感想などいただけると嬉しいです。

https://karo.space/ こちらからもメッセージ受け付けています。

よろしくお願いします☆

 

 

セッション受付中です☆

詳しくはこちら