日々がもどかしく感じたら〜置いてきた願いのカケラを拾ってみる

満足していないわけではないけど

なにかものたりない。

なにか始めてみたい。

ちょっと変わってみたい。

だけど、なにがしたいかわからない。

 

そんな時は、過去から探してみませんか?

過去には、触れずに置いていた願いや想いがあったりします。

今、振り返る事で、願いや想いが掘り起こされて、

新たな素敵な願いや想いが作られたりします。

 

なので、少し過去を見つめてみませんか?

 

1人で振り返るのもいいですし、誰かと振り返るのもいいですよ。

 

振り返ろうとしなくても、たまに、過去を振り返ることってありませんか?

学生時代の友人と集まった時

幼なじみと会った時

昔住んでいた街に立ち寄った時とか

 

楽しかったことや、悲しかったこと

辛かったこと、嬉しかったこと

話したりありますよね。

 

そんな時、当時の気持ちを思い出しつつ今の自分で、追体験してみます。

出来るだけリアルに当時に戻ります。

 

こんな事があったな。

その時、こうしてこう思ったな。

失敗して辛かったな。

なんであんなに辛かったんだろう?

そうか〇〇だから辛かったのか〜

年下の子を見ているような気持ちで考えてみます。

そのなかで、こうしたかったけど

出来なかったから、辛かった、

悲しかったのかと見えてくる事があります。

そして、出来なかったこと、今なら出来るかも。

と思える事が出てくると思います。

 

1番わかりやすいのは、子どもの頃の夢です。

小学校の頃に作文に書いたり、

中学、高校の卒業文集などに書いたりしますよね。

この夢を忘れず持ち続け、叶えている人もいると思います。

忘れたり、歳をとるにつれて夢は夢と割り切って、過去に置いたままにしたりの人も多いと思います。

 

私は、そうでした。

夢はありつつも、現実にとらわれて

失くしていました。

 

先日、中学の友人と会って話していた時に、まさに昔話になったんです。

面白かった先生の話しをしていたんですね。

その先生に、私が怒られた時の話でした。

あれ面白かったな〜という話なんです。

 

なぜ怒られたかというと

授業中に、窓から外を見ていたんです。

そしたら、よそ見するなーと怒られて、

立てと言われて立ったんです。

 

立ったら、「カロ、お前の夢を言ってみろ」と言われたんです。

なにも答えられませんでした。

それに対して先生は「ほら言えんやろー、だからちゃんと勉強しろ」と言いました。

クラスはこのやりとりに爆笑でした。

私も、笑っていましたし、先生の言葉になにも感じていませんでした。

 

でも、自分の心に向き合う事に意識している今の状態で振り返ってみると、

夢は言えますし、夢がないなら今を頑張れという事だと言うこともわかります。

もっと振り返ると、かなり面白いし良い先生だったなと感じる事が出来ます。

このおかげで、中学の時点で忘れていた夢を思い出すことも出来ました。

 

思い出した夢は、突拍子もないものでしたが

小さい頃より、世界を知った今、

その夢を改めて考えると、

具体的なやりたいものになりました。

こちらは、来月に発表出来そうです^ ^

 

過去から得られるものは、多いと思います。

昔にさかのぼるほど、純粋なものが見えてきます。

 

過去をよく見つめて、願いのカケラを探してみませんか?

 

求めているなにかや、忘れさられた夢が見えてくるはずです☆

意識変わったかも?考え方変わったかも?

時がおすすめです^^

 

今回も、読んでいただき、ありがとうございます(´∀`)

 

ご意見、ご感想などいただけると嬉しいです。

https://karo.space/ こちらからもメッセージ受け付けています。

よろしくお願いします☆

 

セッション受付中です☆

詳しくはこちら