泣いたっていい〜自分に素直になる

良い気持ちでいたいのに、泣きそうになる。

そんな時は、泣いた方がいいんです。

無理やり良い気持ちになっても、それは、本当に良い気持ちの状態では、ないですよね。

 

辛くなった時は、とことん辛くなっても大丈夫です。

思いっきり、感情を出します。

どこかで元気にならなきゃや、こんな事で落ち込んではいられない。

など。

 

自分の気持ちにフタをしてしまっていたりします。

 

一度、フタを取ってみて自分の本当の気持ち、湧き上がる気持ちを感じてください。

 

自分の本当の気持ちを感じると、自分自信に敏感になっていきます。

 

なにがしたいんだろう?

なにが好きなんだろう?

というものに、気づいていきます。

 

本当の願いに近づいていくんですね^^

 

こうでなきゃや、こんなことで泣いていいのか?

なんて考えは、捨て去ってみましょう。

外側を気にした他人軸の考えになっていますからね。

 

自分軸を取り戻して、本当の願いを実現していきたいですよね。

 

それなら

泣きたい時は、思いっきり泣きましょう。

思いっきり泣くと、思いっきり笑う事も出来るようになります。

 

楽しいんだ。

嬉しいんだ。

幸せだ。

 

心から感じることが、出来るようになりますよ^^

 

悲しくなることは、誰にでも起こりうることです。

潜在意識で願いを叶え続けても、起こります。

 

悲しいと、悲しい出来事が起きるのではと、無理に悲しみを抑えなくていいのです。

思いっきり悲しんだら、それより思いっきり楽しんでいけばいいんです。

 

悲しみは、ため込まず出していきましょう。

自分に素直になって、本当の願いを叶えて幸せに生きていきたいですね^^