失敗は引き寄せのスパイス~願望実現とはカレーです~

失敗したぁ

やらかした。。

これじゃあ願望達成しないよな。

諦めようか?

叶えやすそうな願望に変えようか?

 

ついつい、大きな失敗や、出来ると思っていた事が出来ないと思ってしまうかもしれません。

 

ですが

 

諦める必要も、変える必要もありません。

 

というか、諦めるのも変えるのも

 

もったいないんです。

 

最近、よくこの言葉を言ってますねw

 

 

なぜもったいないのか?

 

それは

 

願望達成にマイナスなんじゃという

失敗や出来事は、マイナスではないんです。

 

願望達成までの一部なんですね。

 

そんなこといっても、目指してることに届かないんだけど…

と、思ってしまうかもしれません。

 

これ、ついつい陥ってしまうトラップなんです。

 

なぜなら、諦めもせず、変えることなく進んでいくと、自分の目指している形以上のものになっていくんです。

 

失敗は、1つの通過点ですし、大きなターニングポイントになりえるんですね。

 

失敗したぁと引きずらず、経験した。

と思っていくんです。

 

失敗して成功すると、成功の経験と失敗の経験を得れますね。

失敗しそうな人を助け、成功への道に導いていけます。

失敗している人の気持ちもわかるという事が大きいですよ。

 

いっても失敗ってへこむでしょ。。

 

 

なら

 

願望達成をカレーに例えてみます^ ^

 

カレーって、具材を炒めて、煮込んで完成ですよね。

カレーが完成して目の前に出てくる事が、願望達成とすると

失敗は、スパイスです。

 

スパイス入れなくても、市販のルーで十分美味しく作れるカレーですが、スパイスを入れると美味しさが増します。

スパイスが良い味を出してくれるというわけです。

 

失敗して諦めたりは、スパイスを入れた後で、スパイスだけ舐めてみて、うわっ!これ無理!食べれない!

と言って、カレーの鍋を捨てているようなものです。

 

単体では、苦手に感じても、カレーに入ると良い味出してくれるんです。

失敗と思える出来事って、そんなものです。

 

スパイスを入れたら煮込めるまで待つ。

失敗したと思ったら、スパイス入りました〜

と思って、美味しくなるぞ(想像以上の結果来るぞ)と心に留めて、カレー(願望達成)を待つんです^ ^

 

カレー好きなので、カレーで例えましたw

嫌いな人は、すみません。。

 

 

失敗したと思って落ち込むのはわかるんですが、その経験にも学ぶところや気づきはあるはずです。

そこから未来につながっていくんですね~

後々になってなるほどなと思う事もあります。

 

なんかピリッとする、クセになる味はなんだ?

と、いうような感じです。

 

どんなスパイスなんだ〜?と思って、学びや気づきを考えてみるのも良いと思います☆

 

 

マイナス出来事がきっかけで、良い事が起きる事もありますよ。

 

例えば、電車に乗ろうと思ったら遅れている。。

事前に調べてみれば良かったなと、気づけます。

 

そう思いつつ、振替輸送で別の電車に乗ろうと別の駅に向かうと

駅員さんが卒業以来会っていなかった同級生だった。

 

という事があったんです。

 

電車遅れて別の駅まで歩かなければならないし、予定もずれるなと

マイナスな出来事だったんですが、同級生に会えたんです。

 

遅れたおかげなんですね。

 

家の最寄駅でもなかったので、この時遅れなければ会えなかったんです。

 

駅員さんも交代制なので、この日のこの時間に遅れて振替輸送になっていなければ

会えていなかったんです。

 

こういう事が、起きるんですね。

これは、スパイス舐めてみたら美味しかったというような出来事ですw

 

 

失敗してへこむだけでなく、良いスパイスだと思えて、願望を諦めない事。

 

美味しいカレーになると素直に煮込んでいく事が、失敗=ダメという無意識を変えていく事になると思います。

 

 

今日も最後までありがとうございます^^

 
ご意見、ご感想、記事のリクエストなど、いただけたら嬉しいです♪

↓ご相談も受付中↓
https://karo.space/#front-contact