闇から光へ~病んでるときの対処法

今、病んでるかも…

早く元気にならないと…



まるで目の前が真っ暗闇。。

暗い。 怖い。 寒い。

あたたかい光を浴びたい。



早く光が欲しい!

病み(闇)から抜けたい!



って時ありませんか?


私はありました。

 

時間がたつのが遅いし、なかなか動き出せないなんて時が。

これって

望むもの、大切なものが「ない」から欲しい。

でも、手にできない。

 

なくなってしまった。

そのせいで、心が不安定になる。

というような状態だと思うんです。



なので、「ない」から欲しくて、得る。

当然のように思っていました。


潜在意識や引き寄せを勉強するまでは。



実は、「ない」から欲しくて、得る。

をしていると、

幸せ病む幸せ病む

繰り返します。

なので

「ない」から得るを脱出する必要があります。



いくつか実践していた方法を紹介します。

 

ひとつは

病みをなんとか少しの幸せに持って行った時

得て安心せず、さらにもっとよくするぞと決めます。

幸せを求めることに油断しないことです。

できうる限りよくなるイメージをします。

そして、それを忘れないこと。

ベタですが、スマホにメモしておくなど。



もうひとつ

 

幸せのリベンジ法ですw

どうしても病みから抜け出せない時。

病み(闇)を感じているということは、

幸せ(光)を知っているから
です。

とりあえず、幸せを思い出します。

 

・・・

 

余計に病む!

 

事もあります。

 

それでも思い出して、泣いて。

 

泣く。

 

泣く。

 

泣く。

 

泣き飽きる。

 

泣き飽きたら、前より幸せになってやる!

 

という想いで、行動を始めました。

 

「幸せ」につながるであろうワクワク、衝動が発する行動です。

 

 

 

もうもうひとつ

 

泣き飽きても動けない時は

 

体から癒していきます。

 

ストレスで、口内炎が出来たり、口の周りにできものが出来たりしますよね。

 

私の場合は、心のダメージが大きくなると

 

左腕の力が抜けるという事がありました。

 

最初は謎の減少で、病院にいってもMRIを受けても

 

原因がわからずでした。

 

ほっとけば治ったので、気にしてませんでしたが、社会人になってから

 

度々、この現象が起きました。

 

そんな中、ある時気づいたんです。

 

気分がかなり落ち込んだら、なっているということに。

 

それから、ひらめきました。

 

心が原因で、体に悪影響が出ているのなら

 

体を癒せば、心も癒される。

 

ここに気づいて、なにも考えなくても体が癒されて

 

心にも影響が出るものを見つけていきました。

 

 

癒されてるとき、悪い感情が出にくいもの

 

癒されている事に、感情がいくもの。

 

温泉に入って、ただただほっとしたり。

 

マッサージで、ただただ癒されたり。

 

岩盤浴で、デトックスしてスッキリしたり。

 

そんな時に、ちょっと良い事考えて回復していました。

 

そして、行動です。

 

 

行動すれば、光は射しました。

 

自身からも、光が発します。

 

幸せは見えてきましたよ。

 

 

 

周りの環境も大切でした。

 

 

本心で話せる家族や友人、パートナーがいると心強いですよね。

 

話すことで、十分に癒されることもあります。

 

 

誰かに頼ってもいいんですね。

 

あなたは、ひとりじゃないんです。

多くの方に支えられていますし、カロもいます。

 

セッションも開始しました^^

 

食べながらセッション

病んでいるときの対処法、いかがでしたでしょうか?

実践して感じたことは、闇を光で包むように

病んでいる事を否定せず、受け入れて癒す。

自分の心とちゃんと向きあう事が、病み上がる近道だなと感じました。

少しでもヒントになっていれば嬉しいです。

病みを解消して、楽しい生活を始めていきましょう^^

今回も、よんでいただきありがとうございます(´∀`)

ご意見、ご感想などいただけると嬉しいです。

https://karo.space/ こちらからもメッセージ受け付けています。

よろしくお願いします☆

【小話】

昨日、くじ引きが当たりました( ̄ー☆